株式会社バディ
9:00~19:00
毎週水曜日
2021年10月11日
不動産コラム【売却編】

不動産売却~その前に!~ 第7回目

引き続き、不動産売却~その前に!~をお伝えします‼

今回で7回目になります。最終回に近づいてきました‼

 

さて、今回は「こんな不動産会社に依頼したら大変」についてご紹介します。

①売買の仲介をメインにしていない不動産会社…

一言で不動産業務と言っても、内容は多岐に渡ります。売買、賃貸、管理、開発、新築等々、細かく分けていけばもっと多くの分野に分かれます。そこで、売却を依頼しようと思っている不動産会社が何をメインにしている会社かを確認するのが重要です。当社は、不動産の売買をメインにしているので、仮に賃貸のご依頼があったときは丁重にお断り致します。

なぜならば、得意ではない業務を引き受けて、逆にご迷惑をおかけする可能性もあるからです。

『餅は餅屋』ということわざがあるように、その分野の専門会社にご依頼することが、早期売却につながる第一歩になります。

 

②儲け第一の不動産会社…

不動産会社の中には、恥ずかしい話ですが、お客様の気持ちや要望を無視して何でもいいから買わせようと強引な営業をする会社がまだまだ存在します。このような不動産会社に依頼してしまうと、トラブルになる可能性がとても高いです。そこで、その不動産会社が良心的かどうかを判断する必要があります。

方法は簡単です‼「買いたい人」のふりをして「御社のチラシに載っている〇〇地区の物件の場所を教えて下さい」と尋ねてみて下さい。この質問に対して、快く物件の場所を教えてくれたら大丈夫です。その後の対応もいいと思います。

その反対に、物件の場所をなかなか教えずに、あなたの名前、住所、探している物件の情報等々、あなたの情報をしつこく聞いてくる営業マンには注意が必要です。こういった不動産営業マンに売却を依頼しても「あなたの不動産を売る」ことよりも「なんでもいいから売って自分の成績を上げる」ことを優先する可能性をあります。

 

このように、不動産会社と言っても色々な専門分野があったり、営業マンの人柄だったりと、しっかり見極めなければならないことが沢山あります。

早く売却したい、高く売りたい、ばかりを気にしていると後々大変なことになる可能性もあります。

まずは、時間をかけても、この不動産会社、営業マンに依頼したら大丈夫ということを見極めていきましょう。

 

この記事を書いた人
大坪美鈴 オオツボミスズ
大坪美鈴
私は不動産の営業経験はまだまだ未熟ですが、その分情報収集しお客様に寄り添う気持ちを大切にしています。また、お客様の質問やご相談などには、お待たせしないよう即対応するように心がけ、上司や他のスタッフとも連携して一番良い返事ができるようにしております。 売却をご希望の方には、一日でも早く購入希望者を見つけられるようにネットワークを駆使し他社との差別化(物件写真の撮り方など)を意識しながら販売活動しております。そして購入をご希望の方には、お客様のご希望に沿った物件をご提案できるように日々物件の確認、お客様への情報収集を行っております。 最後に(株)バディに依頼して良かったと言っていただけるように頑張ります(*´▽`*)
arrow_upward