株式会社バディ
9:00~19:00
毎週水曜日
2021年01月17日
不動産コラム【売却編】

「囲い込み」に気を付けましょう‼

不動産売却を検討中の皆様、「囲い込み」って知ってますか?

「囲い込み」とは、、、

売主様からご依頼いただいた専任の物件は「自社物件」となり、自社で買主様を見つけてきて成約になった場合は、「両手取引」として「片手取引」の2倍の仲介手数料が得られます。なので、自社で買主が見つかるまで他の不動産会社から問合せがあっても、自社で成約したいので、「商談中です、、、」「申込みが入っています、、、」と言って断るケースが、まだまだ不動産業界で行われています。これを「囲い込み」と言います。

 

私もこれまでに他社の物件に問合せをしても、「商談中です、、、」と言って、断れた経験はたくさんあります。ネットで公開されてすぐに電話しても断られました。テレビや新聞、雑誌などで近年取り上げられており社会問題になっていますが、なかなか減らないのが現状です。

 

ご自身が不動産売却を依頼した不動産会社が、この「囲い込み」をしている不動産会社だったら、どう思いますか、、、 ゾッとしませんか(-_-;)

早期に高く売れたかもしれないのに、「囲い込み」されたばっかりに時間もかかり低い金額で売却することに、、、( ;∀;)

例えば、仮にご自身の物件をA社に専任で依頼して2,000万円で売り出したとして、すぐにB社が「その物件を2,000万円で買いたいというお客様がいらっしゃるんですが、、、」と問合せしてきても、A社に具体的に考えているお客様がいないのに、B社に、「すいません、、、今、商談中なので紹介できません。」とA社が言ってたとしたらどう思いますか?怒りますよね‼

 

そして、こういうことが繰り返された後、A社にたまたま「1,800万円で買いたい」というお客様が現れた場合、A社は、売主様に「なかなか反響がありません、このお客様を断ったら次いつお客様が現れるか分かりませんので、ここで決めませんか?」と言われたら、OKを出す売主様がいるかもしれません、、、。どうでしょう、、、200万円のマイナスです(-_-;)  

 

悪徳不動産会社に売却依頼したら、このようになってしまう可能性があります。ご注意ください。なので、依頼する際に、「囲い込みなんかしませんよね?」とストレートに聞いてください。効果的な質問ですので、ぜひ使ってみてください(*^-^*) 「囲い込み」について詳しく知りたい方はお気軽にお問合せください、丁寧に詳細にお伝え致します<(_ _)>

☎0120-86-2081

この記事を書いた人
山田 大史 ヤマダ ダイシ
山田 大史
「不動産売却・購入」について不安のある方、お困りの方、お悩みの方、いつでもお気軽にご相談ください。そして、まずはお話を聞かせてください。お客様の不安解消、お悩み解決のために、正しい知識と豊富な経験で全力でサポート、バックアップさせていただきます!!私達は、顧客満足度No1ではなく、顧客感動度No1を目指し、スタッフ全員でお客様のために誠心誠意、真心込めて日々励んでおります!!バディ(=相棒、仲間)の私達にお任せください!!門司区にお住まいの皆様、株式会社バディをどうぞよろしくお願い致します<(_ _)>
arrow_upward