株式会社バディ
9:00~19:00
毎週水曜日
2021年02月14日
新着情報

土地登記は相続して3年以内にしなければいけなくなりそうです‼

2月11日(木)の日本経済新聞で、不動産業界にとってかなり影響が出そうな記事が出ていたのでご紹介致します。「法制審議会は、相続や住所・氏名を変更したときに土地の登記を義務付ける法改正案を答申した」と書かれていました。そして、相続から3年以内に申請しなければ10万円以下の過料を科すそうです。

 

今は、相続が発生しても、住所や氏名が変更になっても、登記は義務ではないので、売却の予定がない人はそのままにしています。そして、売却する段階になって、手続き上どうしても必要なので登記手続きを行うという感じです。なので、名義がかなり前の人になっていて、いざ相続登記をしようとしたときに、相続人がかなりの人数になっていて足並みが揃わず、相続登記できないということも珍しくありません。

不動産の動きの活性化に繋がると思われます、、、

これまでは所有者が不明の空き家や荒れ地は処分ができず、周辺地の地価が下がったり、景観を悪くしてしまいます。そして、所有者が分からないので、公共事業や都市開発が進まないこともあります。このままでは、状況が悪くなっていくのは目に見えているので、法改正していく流れになったと思われます。

 

相続登記が早めに行われることになれば、今以上に売却する流れになる可能性は高くなると思います。そのままにしておいても相続した以上、固定資産税がかかってくることになるので、不要な人は売却を検討すると思います。政府は3月に改正案を閣議決定し、今国会で成立させ、2023年度にも施行するようです。亡くなった方のままにしている不動産がある人は、早めに親族で話し合っていたほうが良いと思います。どうぞよろしくお願い致します<(_ _)> 

この記事を書いた人
井上由紀子 イノウエユキコ
井上由紀子
事務全般、売り出し物件のチラシや物件資料の作成、データー入力、電話対応等をしています。仕事は常に「丁寧に」を心掛けています(^^) 門司区で不動産の売却をご検討中の方、相続等で処分にお困りの方、一度ご相談ください。弊社では無料査定を行っております。査定後には担当スタッフより最適なご提案、アドバイス等させていただきますのでご安心下さい。 また、マイホームの購入をご検討中の方、門司区はとても住みやすい街で物件も増えています。(私も門司で育ちました♪)気に入った物件がございましたら、内覧等お気軽にご予約くださいね‼スタッフ一同、心よりお待ちしております(^^)/
arrow_upward