株式会社バディ
9:00~19:00
毎週水曜日
2020年11月10日
不動産コラム【購入編】

購入申込み(買付)を出しましょう(^^)/

購入申込み(買付)とは、お客様が「この物件を私が買います」と売主様にお伝えすることです。口頭ではなく書面でお渡し致します。書式は仲介の不動産会社によって違いますが内容は同じです。あくまでも「予約」の扱いですので、最終的な「契約」とは異なります。購入申込後に物件調査をして予期せぬトラブルがあったり価格交渉がうまくいかなかった場合はキャンセルできます。しかし、申込みをしてお互いに「売ります」「買います」と合意できたら、契約の準備に入るので、しっかり気持ちを固めてから申込みをされてください。

 

人気物件になると、瞬時に申込みが入ることも多々あります。なので、多くのお客様が検討しそうな好条件の物件については、早めに家族会議を開いて、「購入することを決めた」ときは、申込みをして一番手のポジションを確保してください。

購入申込み(買付)にお金はかかりません‼

購入申込み(買付)には基本的にお金は必要ありません。当たり前のように申込金を要求してくる不動産会社がありますが、応じる必要はありません。「せっかく払ったのだから契約しようかな」「契約しなければいけない」と思わせるためです。申込金がないと申込みできないと言い張る不動産会社がいたら「キャンセルになった場合は戻ってきますか?」と聞いてみてください。「キャンセル料として没収になります。」と言われたら、違法ですのでそこの不動産会社とは縁を切ったほうが良いでしょう。今後も良いお付き合いができるとは思えません(-_-;)

 

まとめになりますが、希望物件が見つかり、物件価格も条件に会えば、いよいよ購入申込みです。このとき友人、知人に相談してみてはいかがでしょうか?マイホームは人生で一番大きな買い物ですので、もう少し考えてみるように勧められるかもしれませんが、しっかり家族会議を開いたこと、住宅ローンも無理なく払っていけること、そして優先順位もしっかりつけて決めたことを説明してあげてください。きっと周りの友人、知人も納得し応援してくださると思います(^^)/

この記事を書いた人
笠谷亜希子 カサタニアキコ
笠谷亜希子
私は小学3年から高校までバレーボールをしていました。今の時代とは違い私の時代は、それはそれは厳しい時代でした…(笑)それでも途中で諦めず最後までやり通した事が、大人になった今も色々な事に活かせていると思っています。バディで働く前は、門司で水泳のインストラクターを10年以上していました。今私は小倉南区に住んでいますが、10年以上門司で働いていたので、門司の物件はおまかせください(^^)/ 何より食べる事が1番好きで、人見知りはしない明るい性格です。明るさだけが取り柄とも昔からよく言われますが…(^^;その明るさを活かし、お客様に安心していただける接客を心がけています。そして、少しでも早いネット記載、資料、チラシ作り等、少しでもお客様のお役に立てれるように精一杯頑張ります‼
arrow_upward