株式会社バディ
9:00~19:00
毎週水曜日
2020年11月07日
不動産コラム【売却編】

「瑕疵担保責任」→「契約不適合責任」に変更されました‼

2020年4月1日から民法改正により「瑕疵担保責任」→「契約不適合責任」に変更されました。契約不適合責任とは、種類、品質または数量に関して契約の内容に適合しないものがあるときに売主が責任を負い買主が保護されるというものです。簡単に言うと、以前の瑕疵担保責任よりも売主の責任が重くなったということです。

 

「契約不適合責任」では、例えば雨漏りについて買主が了承しており、契約内容に「この建物は雨漏りしています」という内容を書き込んでいれば、契約不適合責任は負わないということになります。一方で、買主が雨漏りのことを事前に知っていたとしても、雨漏りのことがないことが前提の契約書であれば、契約内容とは異なるものを売ったことになり、売主は責任を負うことになります。

従来の瑕疵担保責任は、、、

従来の瑕疵担保責任は、買主が責任を追及できる瑕疵は「隠れた瑕疵」とされていました。隠れた瑕疵とは、買主が通常の注意を払ったにも関わらず発見できなかった瑕疵です。しかしながら、実際には瑕疵担保責任を裁判で争った際、「隠れていたかどうか」を立証するのは難しいという問題がありました。

 

新民法の契約不適合責任は、従来の瑕疵担保責任よりも話が単純化・明確化されており、単に契約内容と異なるものを売却したときは、売主に責任が及ぶという契約上の「債務不履行」の問題に位置づけられたのです。

※買主が請求できる権利…追完請求、代金減額請求、解除、損害賠償等

 

ということは、つまり、

リスクの高い古い物件は取り扱わない不動産会社が今以上に増える可能性は高くなると思います。それでは、どうすればいいのか???弊社では、引渡し後のクレームや苦情がない『買取』又は、『インスペクション』をお薦め致します。インスペクション(建物診断)については、改めてご説明致します<(_ _)> 

 

『契約不適合責任』についてのご質問はお気軽にお問合せください、どうぞよろしくお願い致します<(_ _)> ☎093-932-1504

この記事を書いた人
山田 大史 ヤマダ ダイシ
山田 大史
「不動産売却・購入」について不安のある方、お困りの方、お悩みの方、いつでもお気軽にご相談ください。そして、まずはお話を聞かせてください。お客様の不安解消、お悩み解決のために、正しい知識と豊富な経験で全力でサポート、バックアップさせていただきます!!私達は、顧客満足度No1ではなく、顧客感動度No1を目指し、スタッフ全員でお客様のために誠心誠意、真心込めて日々励んでおります!!バディ(=相棒、仲間)の私達にお任せください!!門司区にお住まいの皆様、株式会社バディをどうぞよろしくお願い致します<(_ _)>
arrow_upward